So-net無料ブログ作成

たんわくしてい【単枠指定】 [た]

かつてJRAでは連勝式の馬券が、枠連のみの発売であったため、9頭立て以上のレースで、人気馬を支持し購入したにもかかわらず、払戻しが行われないという問題を解消する方法として、あらかじめ人気が集中しそうな馬を単枠指定馬に定め、その馬が入った枠には他の馬を入れないようにする制度を採用していた。

導入当初はシード制と呼ばれていたが、『主催者による予想行為ではないか?』という批判もあったため、改名された。

最初の単枠指定馬は1974年の皐月賞で、それまで無敗のキタノカチドキが単枠指定され優勝。

そして1991年10月からの馬番連勝発売に伴い、単枠指定制度が廃止となり、セントライト記念のレオダーバンが最後の単枠指定馬で3着となった。

たんそう【単走】 [た]

調教のとき1頭だけで走らせることで、2頭以上並んで走らせることを、併せ馬や併走という。

自分のペースで走れるため、併せ馬と比べ疲労はたまりにくい。

併せ馬

たんしょうしき【単勝式】 [た]

1着になる馬を予想する投票法方で、一般的に単勝とよばれることが多く、シンプルでわかりやすい、まさに勝馬に投票するという意味で、馬券の王道ともいえるが、現在シェアとしては小さい。

勝馬投票券

たんきょり【短距離】 [た]

競馬で短距離といえば、1マイル(1600メートル)以下の距離をさす。

1400メートル以下を得意とするスプリンターや、1600メートル前後を得意とするマイラーが、高松宮記念(1200m)や安田記念(1600m)、スプリンターズS(1200m)やマイルチャンピオンシップ(1600m)を含むそれらを目標とした短距離のレースを、短距離路線という。

スプリンター

たんき【単騎】 [た]

他馬に競りかけられたり、並ばれたりしないで、馬群から離れ1頭でレースを運ぶことで、逃げの展開でよく使われ、『単騎逃げ』は逃げ馬にとって理想の展開となる。

たんあな【単穴】 [た]

能力はあるが、本命ほどの信頼性はなく、うまくレースが運べた時や展開次第によって、勝つ可能性が十分ある馬で、評価としては、本命、対抗につづく三番手の評価になる。

一般的に予想紙では『▲』(くろさんかく)印で示される。

ためる [た]

レース中ペースを落としたり、後方に控えるなどしスタミナを温存することで、『脚をためる』などというように使われ、『息をいれる』などともいう。

息をいれる

ターフビジョン [た]

競馬場スタンド正面から画面が見えるように設置された、大型映像ディスプレイ装置のことで、レースの実況をはじめ、オッズや払い戻し、パドックの様子など、さまざまな情報を大画面で表示することができ、写真判定のようなきわどい決着シーンのスロー再生などで、効果を発揮している。

たねつけ【種付け】 [た]

種牡馬を繁殖牝馬に交配させることで、種付けは春から初夏(3月から5月くらい)にかけて行われる。

馬の妊娠期間は330日(約11ヶ月)となっている。

種牡馬 当て馬

ダートコース [た]

砂地のコースで、芝コースに比べてパワーを必要とするが、脚部にかかる負担は少ないとされ、時計がかかる傾向にある。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。