So-net無料ブログ作成
検索選択

こんごうきょうそう【混合競走】 [こ]

外国産馬が出走できるレース。

こわけ【仔分け】 [こ]

馬主が所有する繁殖牝馬を生産者に預け、生まれた仔馬を生産者と馬主の共用物とし、売却代金を、一定の歩合で分け合う制度。

生まれた仔馬を、馬主が自分の競走馬にすることも多く、その場合評価額の一定歩合を生産者に支払う。

ころしばけん【殺し馬券】 [こ]

自分の買った馬券がそう毎回当たるものではなく、『買ったときは来ず、買わないときには来る』と感じることがあります。

ならば、『自分が買っているから来ないだろう』という発想で、人気の馬や気になっている馬が、馬券に絡まないように、来てほしくない馬の単勝や複勝、出目を少額買い、その馬券を来ないようにしてやろうという買い方。

ころがし【転がし】 [こ]

馬券の買い方のひとつで、あるレースを的中させたら、その払戻金をそのまま次のレースに注ぎ込み、さらに的中したら次のレース、また次のレース・・・という具合に、雪だるまを転がすように、最初の元手で大きく増やそうという買い方。

ごーるばん【ゴール板】 [こ]

決勝線の延長線上の内柵沿いにある板状の鏡。

写真判定の際、馬が重なり合って入線していると、スタンド側からだけでは確認し辛いものがあり、内側からの鏡に映った像が確認できるよう設置されている。

決勝写真 写真判定

こば【古馬】 [こ]

4歳以上の馬のこと。

2歳馬、3歳馬(春以降は古馬との混合戦あり)は同じ年齢の馬同士でレースをするが、古馬になると年齢の限定されたレースはなく、4歳以上1600万以下や3歳以上オープンなどといった、3歳以上もしくは4歳以上のレースへの出走となる。

こてんぐ 【小天狗】 [こ]

調教をするときに、騎手や調教助手が担当する馬を待つ場所を『小天狗』とよぶ。

調教スタンドの1階にあり、この前で厩務員と馬の受け渡しをする。

こていしょうがい【固定障害】 [こ]

障害コースに、常設された障害物。

おもに土塁障害、生籬障害、竹柵障害、水濠障害といった障害物のことで、また中山の上り下りの谷や、福島のバンケットなど、障害コース上にある急勾配になった箇所も障害とされる。

障害競走 バンケット

こだしがいい【仔出しがいい】 [こ]

競走成績の優秀な子をたくさん出した繁殖牝馬に対し、『仔出しがいい』といわれる。

コズミ [こ]

ハードな調教や運動により、疲労がたまり、痛みを伴う筋炎や筋肉痛の俗称。

コズミが出ると肩がゴツゴツした感じになり、動きにスムーズさを欠く。

しかし、コズんでいる馬でもレース前のウォーミングアップにより、ほぐれる馬も多く、必ずしも成績に影響するわけではないが、悪化すると、『スクミ』といわれる筋肉の硬直が起こり、動けなくなるほどの重症になることもある。

スクミ
メッセージを送る